より多くのパワーと、長い走行距離を得て刷新されたBMW i8が、 来年のショールームで発表される  皆が興奮する理由がここにある

ドイツの車メーカーBMWは、BMW i8を改造し、より強いパワーや長い総経距離などをもたらすだろう。

 

BMW i8は、最初に2014年イギリスで車のショールームを行った。興奮させる車の形は、電気モーターを組み合わせたターボチャージャー付1.5リッター、3気筒エンジンで構成される、プラグインのハイブリッドシステムを詰め込んでいる。エンジンの合計出力は、362馬力である。

 

しかし、Autocarの記事では、アップグレードされたバッテリーが中に入っている改訂版での総出力は、60馬力増やせるだろうと、言っている。今後のBMWの車は、7.1kWhの代わりに、10kWhのバッテリーを入れるだろう。

 

新しいソフトを得たと評価されている6速ATと新しいバッテリーは、電気総経距離を改善し、4.4秒以内に、時速0から62マイル(100キロ)に達することができるだろう。制限時速155マイル(250キロ)の最高速度もまた、宣伝になると思われる。

 

モデルチェンジされたBMW i8は、フォーミュラーEでセーフティーカーとして使われた時の改善点とともに、数ヶ所の車体調整をしていると評価されている。BMW は、i8の変更を認めてはいないが、記事では、ウィッシュボーンアームの上部と、締め具取付位置の修正を示唆している。また車は、今のバージョンよりも15mm(0.6インチ)低い車高になると思われている。

 

BMWでは、次のBMW i8でオプションになるかもしれない、電磁誘導充電システムを試験していると言われている。

 

『クアルコムで開発されているワイヤレス充電技術を利用することは、高圧電気システムにつながれた地上のパッドと、BMWの下に取り付けられた集電装置との間のエネルギーを移動させるため、共鳴磁気誘導を働かせる』と、オートカーは言っている。

 

BMW i8は、今までi8で使われていたホイールと比べて、約25%重さを減らした軽いカーボンファイバーホイールと、アルミニウムスポークを使うだろうと思われている。

 

モデルチェンジしたBMW i8は、社長が次のモデル“i”として認めたi8ロードスターを出すだろう。新しくなったBMW i8は、2017年第4四半期に入手できるようになると思われている。車の全体的な改良は、間違いなく興奮させるが、車愛好家は、これらの調整をBMWが公式に認めるまで、待たなければならない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です