Googleの特許技術、べたついたボンネット 人をハエのようにキャッチ!

Googleセルフドライビングカーはまるでハエのように人を捕まえます!死亡事故を減らすためにつくられたその特許技術は、あの粘着質のべたついた紙に例えられてヒューマン・フライペーパーと表現されています。

Googleはスマートテクノロジーを使用したドライバーレスカーを開発してきました。センサーやクレバーレーン・マッピング、ネットワーキングが搭載されているため人間が運転するよりも上手に障害物を避けることができ、また完璧に駐車します。

しかし統計が示すには、洗練された技術をもってしても事故はまだ起きています。例えば、Googleセルフドライビングカーは先月二件の事故を起こしました。このジレンマを解消するために、マウンテンビューを本拠地とする会社はセルフドライビングカーの人をくっつけて死亡事故を防ぐコーティングの特許権を申請しています。

米国特許商標庁により認められた技術はヒューマン・フライペーパーとして機能するようです。フロントバンパーやボンネット、サイドパネルは粘着性のコーティングで覆われ、歩行者にぶつかるとすぐに保護するための層が分離して歩行者をとらえるため、歩行者が宙に飛ばされて大けがをすることを防ぐことができます。

現在Googleはオースティンやカリフォルニア、フェニックス、ワシントンの路上でセルフドライビングテクノロジーの試験をしています。

Googleはまた提出した特許の中で、それが最初の交通事故の被害を減らすものではないことを述べました。ヨーロッパの自動車メーカーを例にあげると、ボルボのフロントガラスの底には外付けのエアバッグがついており事故の衝撃を和らげます。ジャグラーはまた配置可能なボンネットを使用しより柔軟性のある表面をつくりあげています。

たいていは一度目の衝撃が大けがにつながるわけではありません。車と接触することで人が飛ばされ、他の障害物にぶつかることで深刻な被害となるのです。

Googleの新しい特許には問題も含まれます。もし人がボンネットに張り付くならば虫やごみなども張り付いてしまうため、汚くなるでしょう。これを避けるためにGoogleはヒューマン・フライペーパーの外側をさらに薄い層で覆い、衝撃を受けたときに容易に破れるようなユニークなカバーを考えています。これで汚くなる心配はなくなるでしょう。

提出された特許のまとめには、“歩行者との衝撃でコーティングが破れ粘着性の層が出現する”とあります。”粘着性の層によって歩行者は車が停止するまでボンネットにくっつくため、飛ばされて地面や他の障害物にぶつかることがありません。”

セルフドライビングカーの専門家でありスタンフォード・ロースクールセンターのブライアント・ウォーカー・スミス氏は、マーキュリーニュースにて自動車にヒューマン・フライペーパーを使用することの問題点を指摘しています。もしドライバーがくっついた人によって視界を失い、他の障害物や車に衝突したらどうなるでしょう。

しかし、スミス氏はそのアイデアについてGoogleを褒めています。
“自動車が車外の人に対して安全であるべきだという考え方は自動車の安全の次世代のものです。私は車外の人も安全であるべきだという考えを素晴らしいと思います。”

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です