ハイブリッド・フォード・フュージョンが ピッツバーグで試運転!

ライドシェアサービスを提供するUberのアドバンスト・テクノロジー・センター (ATC) からの試験車が何週間後かにピッツバーグの路上に降り立つようです。

Uberのセルフドライビング技術の試験に使用される車はハイブリッド・フォード・フュージョンであり、レーザースキャナー、レーダー、高解像度のカメラを含むセンサーを採用して走行する間にマッピングデータを集めるようです。

Uberはまた、試験車をセルフドライビングモードに切り替えてもドライバーを車内に座らせ、車の運行を見守るとともに緊急時には車を手動で運転させる考えを示しました。

“実際の路上での試験はセルフドライビング技術を発展させる上で必要不可欠です”とUberは語ります。またセルフドライビングカーは何百万もの命を救う可能性を秘めていると考えています。毎年130万人もの命が自動車事故で失われ、そのうち94%はドライバーの過失によるものです。セルフドライビングカーによってヒューマンエラーが防止され、交通渋滞が解消されるとともに、交通機関へのアクセスのしやすさや費用についても改善されるでしょう。

UberはまたATC車の試験にあたって司法当局と市からの支援を受けていることを明かしました。ピッツバーグは様々なタイプの道路、信号機があることに加えて天気が変わりやすいことから、試験にはうってつけの土地だといわれています。

Uberのセルフドライビングカーへの進出は、既にUberがその技術に着目していることは去年から知られていたので新しくはありませんが、それにはまだ問題が残っています。

Uberの現在のビジネスモデルはドライバーが自身の車を使って利用者にサービスを提供するというものであり、Uberは車を所有する費用を負う必要はありません。しかしセルフドライビングカーを導入するとなると、Uberは現在ではかからない費用を負担せねばならず巨額の資金が必要になるでしょう。

専門家たちは、運転手無しのタクシーの実現は今後10年は難しいだろうとみています。今から2030年までにはたくさんのことが起こっていくでしょうが、技術の発展によって人々の生活が安全で便利なものになっていくのは素晴らしいことですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です