Acura、複雑な状況にも対応できる 新しいセルフドライビングカーに着手

Acuraは、より複雑な状況にも対応する新作のセルフドライビング・テストカーを紹介しました。

第二世代のAcura RLXはLidar (ライダー)、カメラ、レーダーに加えGPSセンサーを搭載し、さらにCPUとGPU、熱管理システム、ケーブル配線と電気回路構成を改良しました。これらはソフトウェア・アルゴリズムによって結合されており、これらの自動運転技術は2020年の初頭に完成するようです。

今回のAcuraの新作は、多数のセンサーからの重なり合う情報を合わせることによって高い信頼性を獲得するようデザインされています。この構想はセンサー・フュージョンとして知られており、個々のセンサーからの情報よりもより正確な情報を得られます。

ホンダ・リサーチ・インスティチュート・USAはこの車の試験のためにベイエリアにあるゴーメンタム・ステーションの道を舗装するようです。試験場は5,000エーカーで、20マイルの車道に加えてより実際に近い形にするためにビルやインフラも複製として作られるようです。

3月にAcuraはMDXモデルとMDXスポーツハイブリッドを公開しました。これらのモデルのデザインはプレシジョン・コンセプトからきており、ダイヤモンド・ペンタゴンと呼ばれるフロントグリルを採用しています。

新しいMDXでは、IDSによってノーマル、コンフォート、スポーツの3種からドライビングモードを選択することが可能で、スポーツ・ハイブリッドモデルには特別にスポーツ+モードも搭載されています。

これらの2017 Acura MDXモデルはニューヨーク・インターナショナル・オートショーにて公式に発表されました。

一方で、数か月前にAcuraは3つのモーターを搭載し500馬力以上で4つのドライビングモードを搭載した2017 Acura NSXを発表しました。25年前に初めて登場したAcura NSXは156,000ドルとなって帰ってきました。

新型NSXは476フィート重量ポンドで537馬力の出力が可能です。クワイエット・モードを除いて、こちらもまたスポーツ、スポーツ+、トラックの3種のモードがあります。その上、9段階の変速が可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です