アストンマーテンヴァンテージGT8はレース可能な大物、しかしアメリカには上陸しない予定だ。

新しいアシュトンマーテンヴァンテージGT8の外観は前のシリーズのGTEレースカーに似ている。その構造、エンジン、レースカー並みのエンジン音にもかかわらず、アシュトンマーテンのエンジニア達は路上での走行可能な車を作ることを約束した。取締役のアンディーパルマーが言うには、会社の使命はレースにあるが、実際の事業収益は路上用の車の販売にあるとのことだ。新しいヴァンテージGT8はレースコース上でも路上でも走行可能な世界一本物のドライバーのための車として製造された。

 

ヴァンテージGT8はその融合を完璧に表現しているとパルマーは語る。ルマンのレーシングプログラムからそのまま引き継いだ伝統的で自慢できる本物の乗用車がヴァンテージを長い間最高のスポーツカーにしてきた本来の原動力をより一層強力にしているのだと。

外観

ほとんどの車の広い外側のボディはカーボンファイバーで作れている。特に前部と後部のバンパー、前部のスプリッタ、後部のディフューザー、サイドの敷居の部分、ドアのパネルやフェンダーなど。そのデザインは空気力学に基づいて考えらており、余分な格好良さを加えることによって、レースコース上でも路上でもどちらでもその良さを発揮できる。

 

消費者はより一層車体を軽くするために他の部品もアップグレードできる。例えば、チタンでできた真ん中付けマフラーとか、カーボンファイバーの屋根、ポリカーボネートの後部の窓や後部両端の窓など。標準使用の軽量なカーボンファイバーのスポーツカーシートもアレンジできる。

 

スタンダードのヴァージョンは5本の合金スポークの車輪ともっと軽い7本スポークのセンターロック式のマグネシムリムにアップグレードできるオプションもある。これらの車輪にはミシェランのスポーツカップ2というタイアが付いている。

 

色のオプションは“印象的なコンビ”といことで、ストラタスの白と緑、スターリングの緑とライム色、そしてチャイナのグレイと青が使われている。

 

内装

アシュトンマーテンヴァンテージGT8はアシュトンマーテンの4.7リッターV8エンジンの改良版が登載され、440馬力だ。この路上の怪物は6速のミッションタイプか7速のオートマチックのどちらかだ。スポーツシフトTM2パドルシフトトランスミッションとスタンダードタイプのリチウムイオン電池

 

ほとんどの路上を走る車と同じように、ヴァンテージGT8も最新のAMi3の情報システム、160ワットのオーディオシステム、もちろんエアコンを搭載している。レースコースと違い、普通の道路には交通機関があり、消費者もそういう娯楽を必要とする。

アシュトンマーテンが最軽量のヴァンテージを作ろうとしている狙いがこの仕様書にほのめかされている。もはや、ヴァンテージGT8はとても軽い、軽すぎて飛びそうだ。

冗談はさておき、

“重量制限と空気力学を重視することによって、V8ヴァンテージを敏捷性と攻撃性のおいて全く別のレベルに押し上げることになった。これ以上にない最高の車だ。”とアシュトンマーテンのプロジェクトマネージャーであるデイヴィッドキングは言う。

たったの150台しか市場には出ない予定だ。しかも会社が特別に取り扱いをしているコレクターや熱心な消費者だけだ。販売は2016年の下四半期の予定だが、残念ながらアメリカも日本にには上陸しないようだ。

上陸しないが、逆輸入では購入かのうなので、購入は検討してみるのがいいと思います。

 

もし、GT8を買う前に今お持ちの車の売却を検討しているのなら、『車買取り一括査定.website』で車の買取り相場を確認して売ることをお勧めします。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です